フィリピン留学を思い出して〜私の決めた学校・留学情報。ぎゅっとまとめて紹介〜

スポンサーリンク

行った時2018年7月12日〜9月22日、書いた日2020年2月1日

ありー
ありー

こんにちわ、アリーです。

わたしフィリピン留学に行ったのですが、自分なりに結構細かく調べたのでその時の記事を日本に帰ったら書きたい書きたい思って今日この頃。

北海道にいく前までには書き終えたいので今日を使って書こうと思います。これからいく方の参考にでもなればいいなあ

スポンサーリンク

格安留学行くにあたってざざっとどんな感じで調べたか紹介

フィジーかフィリピンか

方針:スパルタ・セミスパルタ・ノンスパルタの違いを知る

自分の中の条件を決める

どこの地域にするか考える

色んな学校の設備・値段・口コミを調べまくった上でどこの学校にするか絞る

自分で申し込みか、エージェントを通すか

ってな感じです。

格安留学するならフィジーかフィリピンか


多分これが私にとっての最後の海外留学になるかな〜

どっちにしよう。。

フィリピン留学ってよく聞くからフィジーの方がすごく興味ある。。。
あんまり人が行ったところ行ってみたいし。。



調べてみたところ

フィジー留学のメリット・デメリット

メリット

世界で最も幸せな国と言われてる国なので不便のことはあれども楽しい日々が送れるかも。
・街の人もほぼ英語なので46時中英語に関わろうと思えば関われるかも。
・大体ホームステイなので現地の人と仲良くなれて現地の生活が楽しめるかも。

デメリット

・フィジー思ってたより治安は良くない。
・グループレッスンが多く英語が伸びるかはわからない。
・調べてみたら日本人の留学生が多い。
・フィリピンより遠いので航空券は少し高い。
(例:東京ーフィジー・片道最安値34000〜・直行便8時間40分)

フィリピン留学メリット・デメリット

メリット

・マンツーマンの授業が多いから英語に力を入れることができる。(その上世界で最もビジネス英語能力が高い国1位)
・寮生活なので友達ができやすく、食事込みなことが多い。
・日本からいきやす距離。
(例:東京ーフィリピン(セブ)・片道最安値12000〜・直行便5時間35分)

デメリット

・場所によっては治安が良くない。
・学校の外に出たら英語が通じないことがほぼ。


『留学を経験したい』もありますが、それプラス『今回の留学は短期間だししっかり英語を勉強したい』もあったので、フィリピンに決めました。


フィリピン留学には3つの方針がある


調べてたら3種類方針があるみたいですね。
名前からかして想像はつきますがもっと細かくどんなものなのかを紹介します。

スパルタ・セミスパルタ・ノンスパルタって?違いは何?

スパルタ

平日:外出禁止→外に出れない分、学校の設備(プール・ジムなど)はいい
平日夜:選択授業もしくは義務自習
    →出席が確認され、学校によっては複数回の無断欠席があった場合にはマンツーマンやグループ授業に1日参加できないペナルティーがあり。
出席率管理:欠席が複数回続くと最悪退学になることもある。

・学校内はEOP(English Only Policy(英語のみ))。母国語を喋ったのを先生とかにみられたらペナルティーか罰金あり。

セミスパルタ

〜スパルタとノンスパルタの間〜
『ちゃんと勉強はしたいけどスパルタみたいな厳しすぎるのはやだ』
『ちゃんとやることやっておけば平日夜も外出できるのでオンとオフがしっかりできる。ノンスパルタのようにだらけすぎない。』


平日:単語テスト合格者のみ外出可能
   →朝か夜の単語テスト(20門くらい毎日)に合格したら門限の時間まで外出可能。不合格者は外出できない。義務自習か学校内で時間を過ごす。
平日夜:選択授業または自由行動
    →ノンスパルタと一緒で生徒自身が選択授業を受けるか自由行動するか選べるのでスパルタのように強制ではない。
出席率管理:スパルタと一緒で欠席が複数回続くと最悪退学になることもある。

・学校内はほぼEOP(English Only Policy(英語のみ))。スパルタほど厳しくはない。

ノンスパルタ

『自由』って感じ。

平日:外出可能→門限があるところはあるが制限はされない。
平日夜:選択授業または自由行動。


ってな感じです。

最初をスパルタ、2つ目をセミスパルタで選びました。

どこの学校にするか?自分の条件をはっきりさせる。

条件を決める。例えば・・

・マンツーマンのコマの多さ
・ネイティブ(第1言語が英語)の先生いるか
・1人部屋か
・学生の多さ(少ないほうか)
・予算は低め(食住込みで1ヶ月15万くらい)
・日本人は少なめ

優先順位をつける。当時の私の場合は。。

順位付け

マンツーマンのコマの多さ
ネイティブ(第1言語が英語)の先生いるか
1人部屋
学生の多さ(少ないか)
予算は低め(食住込みで1ヶ月15万くらい)
日本人の多さ


こんな感じになりました。


そのほかに知っておくといいこと。

日本人経営か韓国経営か

日本人経営


食事のこだわりがあって日本食が出るが1日3食つかないところもある。
ほぼ日本人しかいない。ランドリーサービスがないところがほとんど。
校内は綺麗だがお値段はお高め。

韓国経営


いろんな国の人がいるので英語を喋る機会や外国の友達もできやすい。
1日3食つくが韓国料理がよく出る。キムチもしょっちゅう笑
ランドリーサービスはあったり、校内の洗濯機で自分でしたり。
学校の敷地内に寮があるので登校楽々。

韓国人贔屓があり韓国人の留学の値段と日本人の留学の値段がかなり違くてびっくりした記憶がある。。でもその分 韓国人の方がさらにスパルタでした。

ご飯はだいたいバイキング制。

土地


色々考えていくうちに

ありー
ありー

せっかく行くならずっと一緒の学校(2ヶ月間だけだけど)じゃなくてもいいんじゃない?


ってことで2箇所行こうかなって思ってたのですがさらに考えていくうちに土地も変えちゃえばいいじゃん。

で最初検討つけてたセブ以外も調べてみました。

セブ(Sebu)


語学学校がすごく多いのでたくさんの学校から自分にあった学校を見つけやすい

留学のお値段が少し高くなることもあるが、観光できる島や観光スポットが多く休みの日は楽しみやすい。


ボホール島へ行った時の写真です。


マニラ(Manila)


フィリピンの首都。
日本人はあまりいないよう。セブの人に『マニラに行くときは十分注意して。誰も信じちゃダメ。騙されるからね』と言われたので治安は悪そう

排気ガスによる大気汚染や雨が降ると洪水になることが多いらしいが、セブより英語はうまいらしい。

バギオ(Baguio)


治安がいい
誘惑(遊ぶ場所や観光場所)はないけど暇な日々になるかも。
海ではなく山間にあるので涼し。アクセスは悪い。

wifi回線は遅いが、留学費用は安め

日本人は少なめだが、学校も10校くらい。

クラーク(Clerk)


マニラからバスで2時間の場所。

元米軍基地があったためまだ多くのネイティブスピーカーがいるので綺麗な英語を勉強しやすい。

場所によって(アヘンレス中心地区以外(キャバクラやカジノが集まっているため))はとても治安がいい。

観光場所はあんまりない


ダバオ(Davao)


第3の都市のダバオ。日本人の移民が多かったため日経が多いらしく治安もいい
海や山にもアクセスしやすい。

喫煙は指定された場所だけらしく街も綺麗らしいです。

バコロド(Bacolod)


『微笑みの街』と言われ治安が良く物価も安い
観光スポットも多くイベントもたくさん。

留学している人も少なくゆるく緩やかにアットホームな感じ。


ってな感じで、こうずらーっと調べて個人的に気になったのがクラークとバコロド。

バコロドに結構魅かれたのですが口コミを調べてたらまあ食事が微妙と言うのと一番に今回は英語をしっかり勉強したい!って思ってた私には英語漬けな環境は難しいとのこと。



なので

最初の学校はセブに(そのあと2週間は旅をしたかったのでセブの島島4つ周りました)
そして次をクラークで決めました。


そして絞り込みへ。

私の場合は


スパルタ学校でランキングが上位の学校に注目

その中でも厳しさに注目

お値段(1人部屋〜4人部屋でお値段変わる)

授業の内容(マンツーマン・グループ授業、コマ数、ネイティブの先生)

施設内容や選択授業の内容

wifiの有無

口コミにも注目


ってな感じで調べて書き上げました。



それでいくつもの学校を書き上げてその中から絞り上げました。

こんな感じに。

そして申し込みへ

ありー
ありー

エージェントを使ったら余分なお金もかかるし自分でやるぞー!


自分が検討つけた学校にとりあえずメールを送りました。
が、メールは返ってこず。

調べていくうちにエージェントに相談だけならお金かからない。

ということでまた色々エージェントを調べてみて絞ってエージェントさんに連絡してみました。

エージェントを使う?



そして聞いてみると

エージェントを通してじゃなきゃ取ってない学校があったりいくつものメールが来てる中確認されずに終わってしまうことも。

しかもフィリピン留学のエージェントの場合はお値段自分でするのもやってもらうのもあんまり変わりないという。

キャンセルした場合はご負担額があるけど普通に申し込む分にはほぼかからないということで、やってもらった方が楽なのでエージェントを通しました。

しかも私のエージェントは

今後誰かを紹介した場合

紹介された人→5000円割引
紹介した人→5000円のクウォカード


をもらえる上に


留学前に週一の英会話。

留学から帰ってきてからの就職サポートをしてもらえるらしいです。

だからエージェントを使う方がオススメです。

もし私のとこが気になるようならメールかコメントください!紹介しますよ〜笑

実際行っての感想。2年経って今


フィリピン留学を行っての感想。



行ってよかったです。



日本と違っての物価の違い。
色々な観光が安く行けて休みの日や、2週間の旅(周ったところはバンタヤン島・カモテス島・シキホール島・ボホール島)は充実してました。


フィリピンのご飯は揚げ物が多いですが、それ以外にも美味しいご飯があって私にはあってました。



学校のご飯はバイキング形式で種類は多いですが、学校によっては美味しくないなって思うものもあり友達も食べたくないっていってたので意外にもそこはどんな感じなのか、美味しいのか(笑)ちゃんと聞いた方がいいかも。

1日3食、毎日食べるものなのでやっぱりご飯は大事です笑



英語力も伸びたんじゃないかなって思います。
独学じゃわからないこと(発音の聞き取り(先生に治るまで何回も何回も直されたり)文法の違いをその場で直してもらえたり)自分じゃわからないことが多いのをその場で治してもらえるのはやっぱり大きいです。
日本人にしろ海外の友達にしろ友達もできてとってもいい時間を過ごせました。


初めて行ったフィリピン。
怖い目には運よくあいませんでした。
フィリピンの人々は暖かく明るい人が多くとてもよかったです。


スパルタはどうだった?


学校によってもスパルタの内容が変わるのでよく口コミを見た方がいいです。

『厳しすぎてついてけない』『先生の感じが怖かった』っていう口コミを見てやめた学校が確かありました。


英語をしっかり勉強したい。でも精神的ストレスが大きいのは辛いのでその辺は考えた方がいいかも。


今となって毎日単語テストしてたあの単語たちは覚えてるかっていうと全く覚えてないですが笑 でもやっぱり土日に外出したいので頑張るのでめっちゃ勉強します。
自主勉強がどうすればいいのかわからなくてもある意味そういう単語テストとかが課題になるので勉強してる自己満にもなります笑
やっぱりああいう環境にいて追い込めたのはいい経験で単語は覚えてなくても(笑)絶対役には立てたと思います。


もちろんどれくらい頑張るかで身につくつかないかはあるのでちゃんと勉強した方がいいですがちゃんと勉強したいならスパルタはオススメです。
最初の学校はEOP(英語のみで日本語を喋っちゃいけない)だったのでどこで抜き打ちがあるかわからないのでわからないなりにもみんな頑張って英語を使ってました。やっぱり大事だなって思います。

2つ目の学校はセミスパルタだったのでやっぱりみんな休憩時間とかはガンガン母国語つかっちゃってたので。
EOPはなんだかんだ大事だなって思いました。

入学する前にはレベルテストもあるのでグループクラスは一緒ぐらいのレベルの人となるので安心して勉強できます。


4人部屋と2人部屋を経験。どうだった?

4人部屋


私はラッキーなことに見事に多国籍でした笑

日本(私)、韓国人、中国人、台湾人でした。
私の友達は3人部屋で日本人、韓国人、韓国人だったので多分レアケース。

そこまでがっつり仲良くなることはなかったけど、それでもコミュニケーションは英語になるので寮に帰っても英語環境。

よかったです。

でもトイレシャワーが一緒だったので混むことはあるのでそこは困りどころ笑
でもムカデがよく出たんですよー笑

その時にみんなで戦えて心強かったです笑

コンセントは人数分確かあったので困ることはなかったです。

ですが多国籍、それぞれ性格が違う笑
変な時間に電気つけたり なんかたまに『えーやめて』って思うこともありましたがまあいい経験です笑

あと4人部屋になると安くなるので学校からは少し遠めになります。
というても2、3分ですが笑

2人部屋


いやー、2人部屋は良かった!

多分英語勉強しに来て一緒の国籍になることはないと思うんですが私はこれまたレアな校内にたった一人のモンゴルの子と一緒の部屋になりました。

2人っきりなのでめっちゃ仲良くなりました。
本当に英語環境。常に一緒にいました。

私たちは性格があったので良かったのですが、たまに合わないことがあって寮を変えてもらってる子もいました・・。

この数日後にモンゴルの子が来ました!

安いと思ったらここがフィリピン留学の落とし穴!

滞在ビザ


延長期間によって値段が違う!

入国〜30日まではビザ無料
それ以降からお金がかかります。

調べてたところどこも値段が違くて何が正しいのかわかりません。。。


入国から59日間 4,130ペソ(約8800円)
入国から89日間 5,300ペソ(約11500円)
入国から119日間 3,430ペソ(約7250円)
入国から149日間 119日間と一緒

119日以降は少し安くなってる!

ってな感じみたいです。(あってれば。2020年2月1日より)

私は現地でビザを取りました。

ACR I-Card


ACR I-Card(Alien Certificate of Registration Identity Card(外国人登録証))というのがあり観光を目的としてフィリピンに60日以上滞在の場合取得する必要があります。

私は学校2ヶ月と旅が2週間あったので支払いました。。


3300ペソ(約7000円)


SSP



SSP(Special Study Permit(特別就学許可証))
といって外国人がフィリピンで合法的に勉強するために必要なビザの一種なのですがこれが予想外でした、学校を変える場合は毎回お金払うのです笑


6,500ペソ(約14000円)



授業料・寮・食事で例えば15万円内で済んでも、それプラス教科書代、航空券、SSP(私の場合は2回分。。)、期間によってはACR I-card、延長ビザがかかることをお忘れなく!

それでもカナダやアメリカに留学するよりは安いですけどね!

少しでも参考になりますよーに!

学校を辞める時にもらったお手紙たち
ランキングはじめました!応援してもらえると嬉しいです^ ^
フィリピン留学
スポンサーリンク
Gou&Allyをフォローする
TANCOBLOG