ペルー~南米でお土産買うならやっぱりペルーがいい?私たちが買ったおすすめお土産 in リマ~

スポンサーリンク

1ソル=約32円(2019年6月15日)



こんにちわ、ありーでーす!


南米でお土産買うならやっぱり可愛い民芸品など多くて ペルーかな?ってイメージだったのでそれまでなにも買ってなかった私たちです。


ペルーでお土産買うなら?
やっぱり首都のリマかな?
と思いきや クスコの方が安く手に入ると言う情報‼


でもクスコにいるときは高山病でお土産見る気もおきなかったしで 結局かえませんでした。ははは

リマに来て元気になってから
『やっぱりクスコで買っておけばよかった~』と後悔しましたが やっぱり首都リマ!



安心してください!
リマでも、ちゃんとお土産買えるところあります!


今回私たちがかったお手頃のものからちゃんとしたものまで満足できるお土産を買えたので紹介していきます~!

スポンサーリンク

ペルー・リマで満足なお土産ゲット! 

リマでカラフルな民芸品『アンデス民族の製品』を手にいれたいなら!

インカマーケット(Inka Market)へ


場所
新市街 ミラフローレンス地区


いくつかのマーケットがくっついてるのですがわたしが行ったのは大通りに面したインディアンマーケットへいきました!

ポンチョやバッグ、スカーフや小物入れ‼
クスコでほしかったものは大体ここで売ってます!

ちなみにわたしは
ここで自分用に小物入れを買いました!

5ソル(約160円)
→値切って4,5ソル(約145円)


ここは大体値切れるようなので 頑張ってください!


旧市街ではマヨール広場の近くで!


赤い枠のところが民芸品が売ってます!
わたしはペルーの布がほしかったのであちこち聞いて回りました!

小さいサイズのものは15ソル(約485円)大きいもの30ソル(約970円)



たまに吹っ掛けてくるおばさんいるので気を付けて。笑 
相場がわからないものは1つの場所で決めない方がいいです笑笑



大体値段は均一なのですが 初めにめっちゃ話しかけてきたおばさんだけは

おばさん
おばさん

25ソルを20ソルでいいわよ!やすいわよ!



とその時は『またあとで来るねー』って言ったものの後々にめっちゃ吹っ掛けてきてたんだなと知りました笑


あちこち見回って 旦那さんを待たせに待たせたあとに やっと出会え一目惚れした生地
32ソル(約1040円)→『安くしてー』といい27ソル(約875円)

(生地も安いやつよりかなりしっかりしていて大きいので大満足です)

待ってくれてありがとー!!めっちゃ嬉しい泣

赤ちゃん包んで肩掛けするやつ。

30ソル(約970円)。

色も好みでめっちゃかわいかったけど まだ赤ちゃんいないし、

旦那さんに

『日本にはもっとクオリティ高いのたくさんあるよ』

と言われ辞めました笑

これは絶対喜ばれる!アルパカ製品を買うなら『KUNA』


このブランドの存在を知ったのは旦那さんのお姉さんのお陰なのですが

  • 『アルパカ繊維製品ペルートップブランド』らしくペルー国内外にも120ヵ国以上輸出を心がけてる大手ブランドなのです!
     
  • 製品の80%以上に品質の高い『ベビーアルパカ』と『ロイヤルアルパカ』使っており 職人に手作業で作られた高品質な商品らしいのです!


場所はリマには5ヶ所あり
ミラフローレンス地区や空港にもあるようです!



もう店構えからかしてオシャレ。
代官山とかにありそう笑笑

私たちはそれぞれの家族にマフラーを購入しました。


スカーフ1枚 179ソル(約5800円)~299ソル(約9700円)


包装がめっちゃオシャレ。
これは良いお土産ができました、おねえさんありがとうございます!


追記:実際の反応は!


『良いものは良い!悪いものは悪い!』でかなりはっきりしてるばあちゃんですが、

祖母
祖母

やっぱり良いものだね〜。

これすごくあったかいよ


といい、家の中でさえ首に巻いてくれてかなり気に入ってくれました笑

よかったよかった笑


ペルーはチョコも有名! せっかくならチョコ専門店『Choco Museo』


観光客にも地元の人にも人気さを感じ取れるチョコレートの専門店

チョコレート好きにはたまらない チョコレートを使った食べ物から美容品、いろんなものを手作りでつくって売られているお店なんです。



作りたてのチョコの試食や飲み物も試飲させてくれるので自分の好みの味も見つかりやすい!



そこでであったチョコレートのお茶が私たちを惹き付けました!お茶なのに ほんのりチョコの味がして上品で面白い!これはいいお土産だな~と!


カカオのお茶 お値段はオリジナル14ソル(約455円)

あと旦那さんのイチオシ!
めっちゃ良い香りでしっとりな
パッションフルーツのハンドクリーム17ソル(約550円)

ちょうど石鹸が終わったので自分達へチョコソープ15ソル(約485円)


↑フレンドリーで好印象! 丁寧に説明をしてくれるのはミラフローレンスのchoco museo。


↑オシャレで素敵な雰囲気を味わいたいなら旧市街にあるマヨール広場近くのchoco museoに。

マヨール広場のchoco museoは民族お土産やさんの並び。
(地図そのまま使ってます笑 青の星マーク!)

その場でホットチョコレートや

チョコレートを使ったスイーツも楽しめちゃうので お土産だけではなく

カフェしに行くだけでもいいかも!!

マヨール広場の回りも色々❗売ってるので行ってみる価値あり


お菓子だけ売ってる通りがあってわたしはペルーのホットチョコレートの『インスタントホッ
トチョコレートバー』
を買いました!
見た目は普通の板チョコ!



でもお湯とミルクを混ぜるとスパイスの香りもして上品なホットチョコレートが楽しめるみたいなのです!


これはばら撒きにいいお土産になるな~とさがし続け発見!
重さはありますが喜んでもらえると思って買いました~!

まとめ


こんなかんじで やっぱりお土産を買うならペルー‼

種類も豊富でさまざまなお土産をゲットできて大満足!
クスコではなくてリマでも充分に充実してたので、荷物の心配やもし買い忘れてもリマでも十分にお土産を買う場所はあるので是非参考にしてみてくださいー!



あとまたつづきのお土産はキューバにてゲットします!

リマの帰る道で見た2つの世界


それにしても移動した今のホテルの地域(空港側)と旧市街地や新市街地がある地域。


帰りは徒歩でホテルまで帰ってみたのですが 橋をまたいでは別世界のようでした笑


特にマヨール広場などある場所はたくさんの人もいてヨーロッパのような街並み(行ったことないけれど笑) すごい整備されていて綺麗なのですが、

新市街や旧市街がある方


橋を渡った方の世界は寂れた街並みや人気のない道。
ゴミもあちこちにあったり危なそうなスラム街のような雰囲気を味わされました。

私たちのホテルがある方


こんなにも明るい世界と真反対の暗い世界。
橋一つで全く違う世界が隣り合わせなのはすごいなあと。


そして 日本っていう国はまたすごいんだなあと実感させられたのと
旅ってこういう発見や考えさせられるから楽しいと思わされました。

旦那さんも最近いろいろ考えるようなことがあるようで
『旅って考えさせられるよね。』
と 悟っています。笑


そんなダラダラの中でも日々何かを過ごしている私たちでした〜


注意:みてわかるようにうちらはとりあえず怖い目にあいませんでしたが治安はかなり悪いようなのでこちら側は気をつけてください!



でわわ~

ランキングはじめました!応援してもらえると嬉しいです^ ^
ペルー南米
スポンサーリンク
Gou&Allyをフォローする
TANCOBLOG