パタゴニア~バリローチェからプエルトモン、思ってた以上になかなかの厳重な国境越え!笑~

スポンサーリンク

1アルゼンチンペソ→2.43円(2019年5月14日)



こんにちわありーです!


今回もバリローチェからバスを利用しました。


わたしたちは個人的にバリローチェに興味なかったので そのままスルーしてプエルトモンへ向かいました。

バリローチェは物価が高い
バスステから町まで離れている
次の日のバスが朝7時か8時という情報があったこと、

気候はここ数日12度くらいで南に比べたらずいぶん暖かいということで、

バリローチェはテント泊にしようと話してました。


が、前記事(→こちら( パタゴニア~エルチャルテンからバリローチェ、予想以上の長旅笑~))に書いた通り21時着予定だったはずのバスが着いたのは夜中2時という笑 


ホテル予約しなくて正解。


そして寒すぎました。笑


バスステの夜間勤務のお姉さんにお願いして2重入り口の間で待たせてくれないかと頼んで待たせてもらいました笑笑



助かった~



一緒のバスだったアルゼンチン夫婦も一緒に、そして待ってる間良くしてもらって6時まで待ちました。


パン3枚もらいました涙
お茶まで。。これずっと使ってみたかったからめっちゃうれしい!てか欲しくなった笑 買う!

現時点のバス情報です。

スポンサーリンク

バリローチェからバス


一応チリ行きの有力情報は
ANDESMARVia Barliocheだったので
両方の値段を聞いてから安い方を買おうと思ったのですが、ANDESMARは開く気配がない上、Via Barliocheの値段を聞いたらそんな高くもなかったのでVia Barliocheにしました。

Via Barlioche


時間 7:00

プエルトモン
オソルノ(プエルトモンの上。ここからサンティアゴへ行ってる人もいたので)
値段 各500ペソ(約1220円)

所要時間 プエルトモン6時間15分(実質7時間15分)
国境名~Border Crossing Point~ Cardenal Samore

プエルトモンはなにもないが 


シーフードめっちゃ安く手に入る!
食べれる!!!



と有名だったので バスの値段が変わらなかったので 即プエルモント行きに決めました♥



ではいざ!チリへ‼


さよならアルゼンチン!!



さよなら ジョージとクリスティーナ!!
(優しくしてくれたアルゼンチン夫婦の名前)



Muchas Gracias!!!


まずバスに乗ったらすぐにチリ行きの入国カードが渡されました。

バスの設備(サービス)


トイレ
暖房(でも寒い)
コーヒー(すでにめっちゃくちゃ甘い!!!笑)、水(両方ともセルフ)
軽食(菓子)

クッキーはまじで味がない

アルゼンチン バス 陸路 出国


一応わたしたちは無事に出国できましたが、出国場所でごっつい装備した警察がたくさん待機していて出国スタンプをもらったあと

「警察達がパスポートを見して」といってきたり、

警察犬に預け入れ荷物の臭いを嗅がせて怪しい荷物だけ外に出して建物の中で持ち主と一緒にチェックをしたり

その間に今度はバスのなかに上がってきて入念に荷物や人を手に持ったリストと照らし合わせて調べていました。


わたしたち二人ともパスポートを確認されました。

そしてだんなさんはバスのなかにおいてあったリュックも持ち出されて連行されていきました。笑


(何をされたのか聞いてみると、、
5人の警察がいて荷物は全部出されチェックされ、言葉が通じないので薬やるかスモークするかなどをジェスチャーで聞かれたらしいです笑笑)

思ってたよりまったく違うなかなか厳しい出国でした笑 (1時間くらい)

チリ バス 陸路 入国


いろんな人のブログを見てるとチリは入国が厳しいと書いてありました。

実際、、来ましたわんちゃん!
空路入国の時もいたんですよね、4匹。今回は黒いわんちゃんと白いわんちゃんがまず並べられた手荷物バッグをくんくんくんくん 交互に咬んでいきます止まったバッグを持ち出して本人と確認。次に人間。最後は外に全部出された預け入れ荷物。しっかりチェックされましたが アルゼンチンほどではなかったです!

でも機械もすごいけど やっぱり動物が生まれて持った本能に頼るのが一番良いよね!
と感心しているとわたしのバッグに反応‼笑笑

ぱんぱっっんに積めたわたしのバッグ笑
はいほぼ全部中身出しました笑笑 

全然大丈夫でしたけど しまうのが大変だった~泣

チリ バス 陸路 荷物検査


持ち込みがダメなものは
『野菜や果物、種子、乳製品など動植物とその加工品』


ちなみにわたし スーパーフードが大好きでこの時荷物のなかに『チアシード、キヌア、オートミール』が入ってたんです。。
空路の時チアシードは預け入れ荷物のバッグ奥深くに入ってたから大丈夫だったのか平気でした。

今回めっちゃヒヤヒヤしてました。


結果 もう先に事前報告しました笑 

最初にバスの人に聞いて バスの人がわからないからあの警察に聞いてって。


警察「これはなんだい?」

私たち「キヌアとオートミール」


警察「フルーツとかもってない?」

私たち「ないよ」

警察「どこ出身?」

私たち「ジャパン!」

警察「行っていいよ!」

の流れ。 


さすが日本のパスポート!笑


その他 缶に入ったラザニアやクラッカー、マヨネーズ、胡麻油、白だし、塩コショウ、コンソメキューブなどの調味料もわんちゃんがクンクンスルーだったので平気でした。

スパムとアボカドをいれてたサンドウィッチとチーズの入ったパンは食べきれるだけ食べて途中処分しました汗 パンだけなら大丈夫だと聞いたことありますが!

チリ イミグレの紙 (はんこが押されてる紙)


わたしたちアルゼンチン入国したときに没収されてしまい新しい紙ももらってなかったんです。でもバルローチェからチリ入国時にイミグレの紙がないと怒られるや最悪罰金というブログ情報がいくつかあったのでひやひやしてたのですが もらってないんだからどうしようもないでしょ!で構えてたら普通に大丈夫でした!

まあ自分達はなくしてないですからね。

って行っておきながら、ちなみにわたしたちサンティアゴから入国したとき最初それがイミグレの紙だと知らずに捨ててしまったんです!笑笑

プエルトナタレスのホテルのオーナーに紙のことを聞かれて 



私たち「捨てちゃったかも!」


ホステルオーナー「すごく大事なものだよ!でも大丈夫!警察いけば!」


といわれ


警察にいったら 書類記入してパスポート見せたら
変わりの紙を発行してくれました!

(これが上に書いたチリ出国の際に没収されたものです)


もしまちがえて捨てちゃった方、警察にいけば大丈夫です!参考にでも!



ちなみに今回は出してと言われるのではなく 空港でもらったまったく一緒のものをもらいました!


今度はこれが大事なこと知ってる‼笑 もう捨てないぞ!☆笑




こんな感じでまあ普通に出国入国できて無事にプエルトモン!


ちなみにプエルトモン、時差が1時間戻ります!ご注意を!!

海鮮楽しんできます~ヽ(´▽`)/♥♥♥

ではっっっ

富士山!?!?