パタゴニア~5月のフィッツロイ~

スポンサーリンク

1アルゼンチンペソ→2.43円(2019年5月12日)



こんにちわ、またもやありーでーす!


前回の記事(前回の記事→こちら( パタゴニア~ 検討ついてたのまさかの宿探し?やれやれ無事に宿到着~))から、無事に宿も決まり明日のこと調べないとね!ということで調べました、フィッツロイ!

スポンサーリンク

フィッツロイって?


有名なアウトドアのブランドの『パタゴニア』って知ってますか?そのブランドのロゴマークでモデルとなった山であり世界遺産に登録されている山なんです。
アルゼンチン南部アンデス山脈にあり、その登山口がこの『エルチャルテン』という町にあるんです。

標高3,405mで富士山ほどの高さで その山の名前を『Fitz Roy(フィッツロイ)』というのですが、その山をまじかで見るために世界各地からこの小さな村(?笑)に多くの人がやってくるのです!

ですが このフィッツロイを見に行くには、天気がなかなか安定しなく1ヶ月で晴れるのも数日なんだとか。なので何回もリベンジする人もいるらしいのです。。
天気予報も読めなくもう運次第なんですね。私たちがここにきて天気予報を見た限りだと9日後まで雨マークだったのに 3日経って今日見たら明日、明後日は晴れと曇りのマークがついてました笑

入場料は?


ペリトモレノ氷河やパイネ国立公園と違って、このフィッツロイが見れるロス・グラシアレス国立公園は入場料やキャンプ場使用料もいりません!
しかも登山口へ行くのもパイネと違って町から歩いてすぐにいけるのでパタゴニアは何でもかんでもお金がかかるから本当にありがたやー!!!
お金の心配せずに楽しめますね\(^o^)/


さてさて話は戻り調べます!


山の天気は変わりやすい。
NZのトンガリロで思い知ったわたしたちですがとりあえず天気を調べてみることに。


旦那さん: え まって‼ これみて‼


なんと 今日まで晴。
翌日は昼過ぎから崩れはじめ雨に。その翌々日からなんと雪マークが‼
そしてなにがすごいって着いた当日の風の強さがたしか5から25だったのが

翌日はなんと


朝が100で、昼には150という!!笑笑


え どゆこと?笑

150ってどんだけつよくなるわけ?笑笑

でももう明日いくしかないよね笑
明後日は雪だし。

そうだよね。

最初から選択肢なんかなかったんだから行きましょ‼笑笑

ちなみに私たちが行ったトレッキングコースは片道6時間のLaguna de los Tres。
せっかくだから朝日を見るために!『赤いフィッツロイ 』を見るために!!今はだいたい日の出が9時だから逆算して朝3時に出発。



朝3時!!笑


やることやってその日は寝ました。。。3時間くらい笑

起きて準備。


てか 風やばっっっ!!!!!!!!笑

日帰り持ち物


防寒具必需です!
歩いてるうちは私は熱くなったのですが頂上付近になるにつれてめっちゃくちゃ寒かったです!

  • ヘッドライトかペンライト!(これは絶対あった方がいいです!全く見えないので笑)
  • 耳の隠れるニット帽
  • マフラーかネックウォーマー(ネックウォーマーの方が邪魔じゃないかもです)
  • ダウンジャケット(ユニクロのだったら尚熱くなった時にコンパクトのできるのでいいかも!)
  • 手袋
  • 変えの靴下(夜道は何があるかわかりません笑 旦那さんは2回濡れました笑 水たまりみたいのがめっちゃわかりにくいんですよね。笑 2回目は一応靴が防水だったのでセーフでしたが普通の靴なら完璧にアウトでした笑)
  • リュックサックにレインカバーも!
  • レインコート(山の天気は激しい!重要!!フード付きだとさらにいい
  • 昼飯
  • スナック菓子か果物(小腹が空くので大事)
  • 水筒かペットボトル500mℓとかで平気です。歩いて3、4時間くらいの場所から普通に川の水が飲めるので!
  • トイレットペーパー
  • ゴミ袋(一応持って帰った方がマナー的にいいと思います)
  • サングラス(はぶっちゃけ眩しさ的にはいらなかったのですが強風で雨や砂から目を守るのに役に立ちました!メガネしてる人はそれでいいかも笑)
  • 髪の長い人 ゴム!!(風が強かったので髪の毛がほんっっっとうに邪魔でした笑 もうホテルで結んでいった方がいいと思います笑)
  • 日焼け止め


特に必要かなと思ったのは アンダーライン引いてます。

いざフィッツロイ!

ルート

オレンジがLaguna de los Tresという一般的なルートで
星印がキャンピング場です。


風に吹かれながらホテルを出発。登山口到着!


本当にびーーーーーーくりするくらいまーーーーーーーーっくら!!!笑


でも上を見渡すと
星がめーーーーっちゃ綺麗!!!


かすかに見える街の光もめっちゃ綺麗!


片道6時間という道のりはかなり長いけど 平坦な道なのでそんな辛くないんですよね。
でもやっぱり暗闇の中の上 風が強いので細心の注意が必要。

水を汲む。


ついに残り1hという表示!もうすぐだねー からのここからが大変でした。笑

風がまじで強いわ、もういきなり上り坂!
というかむしろ


崖?!笑 
土砂崩れ?!笑笑 
さらには凍った雪で滑る滑る笑笑笑


まじこわすぎました。笑

凍った道


本当に転げ落ちるんじゃないかと思ったくらい怖かった。泣

目的地に着いたー!!やっとこれでゆっくりできる。


と思わせる隙を一切くれませんでした。笑笑

頂上こそ 

ほんっっっっっっとに 


ヤバイ!!!!!!!!!

まじ2人とも立つことさえできないくらいに風強すぎ笑

もう大きい岩の裏に隠れて日の出を待ちました。笑

少しずつ明るくなってくる。



携帯で写真を撮ることさえ困難笑

寒すぎて完全防寒笑

ついに!!でも残念ながら曇っていて赤いフィッツロイも朝日を見ることさえもできなかったです。

旦那さんがここまできたからせっかくだから ロストレス湖の方に行きたくない?!と。

この嵐の中!!!!

。。。。

でも確かに。せっかくだし。

せーの!で振り返った瞬間、ニット帽の上からカッパと上着のフードをしっかり被っていたのにすぐに吹き飛ばされました笑


無理だね。やめよう笑

ニット帽もすぐに諦めました。


あんなん取りに行ったらまじで風に吹き飛ばされて転落死する。笑笑

もう降りるのにも必死笑

風が吹いたら、踏ん張る。そうしないと吹き飛ばされる笑
もうダサさとか見た目とか関係ない笑 命が大事笑笑
そんな私の耐え忍ぶ姿を旦那さんが大爆笑しながらパシャり笑笑


行きは真っ暗で見えなかった道。


こんな感じだったんだねー!!

と 強風に打たれながら楽しみました。

ふつーに立ってますが滑ります笑
あの暗闇で強風の中これ登ってきたって思うとまじ怖い
ラッキーなことに虹が!!

感想


5月のフィッツロイ。

頂上に着いた後はフィッツロイは結局曇っていて全てがちゃんと見れませんでしたが、それでもなんとか見れたからよかったかな。後から何組かすれ違いましたがその時は完璧に見れなくなった上、雨風がやばかったのでその人たちは大変だったんじゃないかなと。

すれ違って少し話した男性も行く前は『風がまじで強いから気をつけて』っていったら 『僕は風には強いから大丈夫!』だといってたのにまた帰り会って『曇ってたし風も強いしあの崖みたいの見てやめたよ笑』といって引き返してました笑

着いた当日は遠目からでもちゃんとしたフィッツロイを見れたからよかったし、

何よりも私達2人あの台風なんか比じゃない突風を体験できた上、その中あの崖を登ったのと真っ暗闇の中をトレッキングしたという『アクティビティ』感覚でいい経験だったね!!ってなりました。笑

なんにせよ 天候がどうであろうがよくない天候を経験しニット帽を飛ばされた私でさえ個人的にはフィッツロイに行くことを勧めます^^ フィッツロイ以外は何もなく小さな街なのでやることもあまりないですが 居心地は良かったです。人も優しくて感じよかったですよ!

楽しいトレッキングにしてください!

では!バリローチェへ!本日夜行バスで向かいます!!