ニュージーランド〜Hastings編・フルーツピッキングについて〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Hastingsでフルーツピッキング

今の仕事は特に自分で決めたわけではなく、奥さんが働いている仕事場に自分も働かせてもらってる感じになるので正直どのようなピッキングの種類があるのかなどよく分かりません笑


家の環境が良いので仕事は多少辛くても続けられているといった感じでしょうか。ブルーベリーなどが有名っぽいですが、ちょうど始まってやっているのがアップルピッキングになり自分はアップルハンターになっています。


このピッキングの作業まぁかなりの肉体労働です。
南米に行く前の筋トレを考えれば良い運動になるなぁと思いつつ内容を紹介していきます。

時給は16,75ドル 1ビン40~45ドル

簡単に説明すると基本的な時給が16,75ドル、日本円にして現在のレートで1266円です。

1ビンという単位はピッキングしたのを入れる木の箱がビンと言うようです。
これが大体3000円です。

これが満タンになった1ビン

これがアップルが40ドルでピーチが45ドルのようです。

働く場所や年によっても値段は変動するようなので参考程度に


何日かやってみた感想なんですが…

ピッキングするレーンによる!って感じです。

どう言う事かと言うとピッキングは色とかで取っていいやつか判別するんですけどこれが場所によって全然違くて自分もやって数日で4箱作れた日もあれば全然駄目なりんごばっかりで2箱くらいの時もあるので運次第みたいです。


ちなみに4箱以上作れれば時給から1ビンの値段に切り替わるみたいで一緒に働いているバヌアツの人達は休憩時間も休まずりんごやピーチを取りまくり、最高で8箱とか行く人もいます。


まぁしかしかなり体力勝負なので腰が弱い人はおすすめできないかな。

逆に体力に自信がある人には一攫千金のチャンスかも…(それでもたかが知れてますが)


正直、太陽の下で健康的に働きたいと言う以外の理由で働くには給料の安さと体力の面から考えてなかなか合う人は難しいんじゃないかなっていうところです。


ここにはあと1ヶ月程度働いてようやくニュージーランドを廻る旅にでます!


NZに着てからまだ働いてるだけでなーーにも見てない笑


うぇい

お散歩写真1
お散歩写真2