ニュージーランド 〜Workawayでの生活〜

スポンサーリンク

さぁ!Workawayももうすぐ終わり、1週間以上お世話になったこの家ともおさらばする時が近づいてまいりました。

このWorkawayでお世話になっている家の事を少しお話します。

スポンサーリンク

Workawayでの生活


奥さんが探してくれたこの場所、最初はどんな仕事をするのかもよくわからず着いた当日は夜だった為仕事はなく、次の日は日曜でお休みとのこと。
Workawayで来ていたアメリカ人の女の子が1人いて後はここの家の持ち主の夫婦、それに自分たち夫婦という感じで生活していくみたい。

次の日起きてしばらくしたらリビングに来て欲しいと言われ行くと。。。

何やらぞろぞろと誰かもわからない人が年齢関係なく集まってくる。
合計15人くらい集まり、少しして分かったのだがどうやらクリスチャンの集まりのようでみんな初対面でした。(どう通じて集まったのかは不明)

キリストの事を語り始めたり、歌を歌いはじめたり、最初のうちは全然我慢できたのですがだんだんいつ終わるんだってくらい長くなってきて辛くなる笑
感情が高ぶってくるとかなり大きな声で喋りはじめたり、それを聞いている人が

OOOhhh!!Thank you Jesus!!!

と何回も言っているのを見ていて無宗教の自分はだんだん気味が悪くなってくる。
ここで想像したのが『Mother』という映画。
ジェニファー・ローレンス主演で監督がダーレン・アロノフスキーという2人とも大好きな人の映画なのですが、途中でどこからとも無く大勢の人間が家の周りに集まってきてどんどん家の中に勝手に入ったり、最終的はめちゃくちゃにされるという場面があるのですが聖書を題材にしてることもあって何故かこの映画を想像して少し恐ろしくなりました。

面白いので是非

いつ終わるんだと自分たち夫婦2人と仲間のアメリカ人女の子、それにもう1人デンマークからきた女の子(その子もWorkawayで来ていてるみたい)がいて、この4人は終始早く終わらないかとつまらなそうにしていました笑


そんなこんなでようやく終わったのが3時間が経ってからでした。


なっが!!!

その後

次の日、ようやく仕事をする日がやってくる。


大きな袋いっぱいに入った薪を乾燥させる小屋に15メートルくらい移動するのを3時間作業して終了。笑

クッソ楽過ぎでしょ!
(でもまぁ日本の感覚で言うとWorkawayって住むところとご飯もらえるだけなんで3時間作業を週5くらいじゃないと割りに合わない感があるので)


次の2日間は綺麗な場所に連れて行ってもらうだけで特に仕事はしていません。笑


ようやく薪移動から3日目、ちゃんとした仕事をすることに。
家の隣に大きなファームがありそこのフェンスの修理を二日間かけてすることになりました。
1日3時間〜4時間の作業で特に辛いものではありませんでした。

普段のご飯は特に美味しいものは出ないのですが、ここはゲストハウスのようなものもやっていてその時はご飯が一気に豪華になります。
来た時期がラッキーだったのかラム肉が2回サーモンが1回と嬉しいご飯にありつけました。
ニュージーランドのご飯は特に美味いものはないのですがラム肉だけは本当に最高!まじで美味い!

今いるところが特別に楽なのかはわかりませんが初めてWorkawayをやった感想としては楽でしたし、色んなところに連れて行ってもらったり本当に良い経験ができたと思います。
最初のキリスト教の集まりにはびっくりしましたが笑

ついにニュージランドも最終章。これから自分たち夫婦はついに南米に行ってまいります!

牛に餌やり


それでは!



ランキングはじめました!応援してもらえると嬉しいです^ ^
ニュージーランド
スポンサーリンク
Gou&Allyをフォローする
TANCOBLOG