ニュージーランド 〜近況報告〜

スポンサーリンク

こんにちわ!
現在、私ども夫婦はWorkawayを使ってクライストチャーチから車で2時間の場所にある田舎の家にいます。


スポンサーリンク

Workkawayってなに?

このWorkaway(ワーカウェイ)というのはWWOOF(ウーフ)と同じような仕組みのボランティアで働いて泊まる所と飯を提供されるという単純なものでありますがWWOOFは農作業に対してWorkawayは色んな仕事があります。

通常は3〜5時間週5らしいのですが、自分たちが現在いる所では5日間いるのにまだ働いたと思ったのは、薪を15メートルくらい移動させるのを3時間しただけで他は色んな所に連れて行ってもらってるだけ!笑


なので今いる所はクソ楽なのですが、もしかしたらこれからやって行くと大変な所に当たる可能性もあるのでまたWorkawayやったら報告させて頂きます。

旅というのはとにかくお金がかかるのですがその最も大きくかかる所の宿泊費がタダになるというのは本当に大きなことなのです。
お金は入ってきませんし気も使うので個人的にはオススメです!っとはすぐに言えないですが、会話の勉強になりますし地元の人しか知らない場所、その国の家庭の料理など普通の旅では味わえないことも沢山経験できるのでそれだけも普通に旅行するより貴重な経験ができることは間違いないです。

Workaway登録費用

WorkawayはWWOOFと一緒で始めるには登録費用が掛かります。
現在2019年4月の時点で
1人→42USドル
2人→54USドル


宗教の話

次に宗教の話も少しします。
クライストチャーチで1ヶ月前にモスクで発砲事件があって50人が犠牲になりました。
二つのモスクが襲われたのですが、実は今回クライストチャーチに行った際41人の犠牲がでたアルノール・モスクを見てきました。

建物の前だけ見れれば良いと思い、歩いて行くと建物の前にはアサルトライフルを持った警察官が2人いてその周りには花や寄せ書きがたくさん置いていました。

本当に大変だったんだな。。

とそのまま行こうとした時にちょうどゴミを捨てにきたイスラム教徒の方が来て


『中に入って見学して行きなよ』


そんなこと大丈夫なのかなっと少し不安になりつつ中に入らせてもらいました。
色々説明してもらい、実はその人のモスクで一番偉い人みたいでした。
本当に良い人でこんなに純粋で優しい人なんか最近なかなか出会ってなかったと思わせるほど人間性が素晴らしい方でした。
床は一面新しいのに交換するために工事途中のクッション材なのが生々しい状態でした。


そしてもう1人の多分モスクの人が声をかけてくれてまたまた色んな話をしてくれました。この人も本当に良い人で優しさに満ち溢れているような方で、お菓子とコーヒーを貰い帰る時には女性の顔を隠すスカーフまで貰い、募金だけするつもりが逆に沢山のお土産をもらうことになってしまいイスラム教の心の大きさと強さを感じた1日になりました。

本当にありがとうございました。

モスクの方に貰った品々

今回は長くなってしまいそうなのでこのくらいにして、次回キリスト教の話をします。

なぜかというと、今いるWorkawayの家庭もここに来る前にカウチサーフィンで泊まった家庭もキリスト教だったからです。
少し不気味に感じる面も見れたので次回はそこらへんを話せたら良いな。

では!


ランキングはじめました!応援してもらえると嬉しいです^ ^
ニュージーランド
スポンサーリンク
Gou&Allyをフォローする
TANCOBLOG