エルサルバドル〜最近の情報なし!治安世界一最悪?どうなの?最初の街はサーファーに大人気・トゥンコ!!〜

スポンサーリンク

エルサルバドル通貨=USドル・US$1=106.58円(2019年8月5日)

ありー
ありー

アーリーです!!

約10時間かけてグアテマラ・サンペドロララグーナからエルサルバドルへやってきました!!

ネットで調べても2年前の記事とか かももしにあった地球の歩き方さえも6ページくらい。そのくせ治安は良くない。

と聞いてたエルサルバドル!!はらはらどきどきしながら首都はスルーしてトゥンコという街に来ました!!

では記事書いてきまーす!

スポンサーリンク

エルサルバドル・トゥンコ/Tunco

その前に!

エルサルバドル通貨

前回の記事にも書きましたが、エルサルバドルの通貨 なんと米ドルみたいです↓

元々はサルバドール・コロンが使われてた通貨。

2001年かUS$が導入されてから サルバドール・コロンは流通が終わったらしいためUS$だけが今は使われてるらしい。


まあなんと楽チンなこと!


『ATMの手数料』がどこが安いとか 『両替』でどこがレートがいいとか考えなくていいのでめっちゃ楽です!!


それとこっちではUS$1がコインであるのでびっくりしました!


エルサルバドル・トゥンコってどんなところ?


サーフィンスポットですごく有名らしく 確かにビーチへ行けばサーフィンしてる人が多いです。でも江ノ島ほど人もいないので 大きな波でのびのびとサーフィンできるのでサーファーにとってはいい場所なのではないでしょうか。

サーフィンに興味がある人もあちこちにサーフィンスクールや、サーフボードの貸し出し(うちのホテルだと6pmまでUS$15)もしてるのでやったことないけど興味があるっていう人もいいかもですね!

私たちはサーフィンをしないので 海で泳ぐかーって思いましたが波が大きすぎるのと水は汚いので泳ぐのはやめました。
ですが引き潮の時海水浴してる人は多かったです。


ビーチ沿いを歩いてると川が!!





きたなっ!!!笑泣



ビーチ沿いにはおしゃれなレストランが多かったので、夜に期待したら大正解!!



『夜の街』でした!トゥンコ!!



音楽ガンガン!ライブをしてるところもあれば、DJをよんでるお店や爆音で音楽かけてるお店もあるので自分のあったジャンルの音楽のお店を見つけて楽しめると思います!


トゥンコの宿


ついてから ほっとんどの宿お値段聞きに行きました。

ホテルの相場

安くてドミUS$7〜 (2箇所)
個室 1人US$15、2人でUS$20(ファンのみ)

それほど安いところはあまりなかったです。

大体が1部屋US$25〜$35

高いとこだと見た目はそんなにたかそうに見えないのにUS$70とか。
びっくり


旦那さんが荷物見張り係、私はホテル探し係で、
降ろされたところはドミUS$8だったので もう暑いし疲れたしでそこに泊まることにしました。

Papaya Lodge

お値段

ドミ ファン 1人US$8
ドミ AC付  1人US$10
個室もあるっぽい。

Check in 謎 Check out 12:00

[table “16nbspcolumn_widths150px50px” not found /]

個人的おすすめ 星5つ中★★

良かった点

立地は全ての真ん中でちょうどいい。

清潔な方。

ACの部屋なら1日中ついてる。
くつろぎスペースはあちこちにあって良し!笑

悪かった点

wifi安定しない。

シャワーお湯でない、水圧弱い上、塩水。

夜、周りのお店の爆音音楽でうるさい。

物価


日本とあんまり変わらないです。

宿もそんな安いわけでもないのにレベルが低い。

けれどお店で飲むビールなどのお値段は良心的で安い!!

売店で買うよりレストランとかの方が安いんじゃない!?って思いました!

大人数だったら絶対頼みたいやつ。


シェイク!グアテマラから比べると高いけど 日本に比べたら安い!
これは オレオバナナミルクシェイクUS$2.5 


フレッシュココナッツジュースは
冷えてないやつUS$1.5  冷えてるやつUS$2
美味しかったー♡

レストランはこんな感じ↓

フライドポテトはUS$5.50
右のセビーチェはUS$9.50

ビーチ側で売っていて
すごい色のものを食べてるなーと思ってたらかき氷でした。

シロップたっぷり
US$1! 安い!


エルサルバドル 挑戦した代表的な食べ物

ぱっと見ホットケーキ? Pupusas

ありー
ありー

なんだあれーーーー!!

で はじまり、人も多いしで行ってみようよで出てきたのはこれ。

不味かった時のことを考えて3枚だけ注文しましたが意外と美味しいんですよね、これ。

ホットケーキみたいな見た目で少し粉っぽい生地。中の具は選べる(ハラペーニョ・豆・にんにく・えび・チキン・ミンチなど)のですが 大体チーズは全てに入ってます。

それに サルサや食べ放題の自家製ピクルスのようなものがついてきて
お値段は大体1枚US$0.75〜US$1!!


やっす!!


友達A
友達A

日本にエルサルバドル料理屋さんがあって
Pupusas食べれるぜ!
行こうよ!!


と言われて食べに行きたいか?

と聞かれたらそこまでして行きたいとはならないのですが笑


今ここにいるトゥンコの食べ物屋さんは どこでも食べれるようなものの上、大体いいお値段するので それなら腹持ちもよくまあ美味しく、安いPupusasはいいなって思いましたね。


意識して歩いてみるとあちこちでPupusasは売られます!


ちなみに人が多いから行ってみようよ!で行ったPupusas屋さんは上の右写真のところです。
シャトルバスなどが多い道からメイン通りに突き当たったところにあります。


あとPupusas2箇所で食べましたが個人的に美味しかったのは
ガーリックチーズ!!
次に美味しかったのは魚チーズ!


食べに行った時はこれが何か知らなかったので、気になって帰ってから調べたら

英語から翻訳-ププサはベネズエラとコロンビアのアレパに似た、コーンミールまたは米粉で作られたエルサルバドル産の厚いフラットブレッドです。それは通常一つ以上の成分を詰めています。

これらはチーズ、チチャロン、カボチャ、または再乾燥豆を含みます。それは典型的にはクルチードとトマトのサルサを伴い、道具を使わずに伝統的に手で食べられます。

wikipedia-pupusasより引用

って書いてありました!

お試しあれ!

今では世界一悪い?エルサルバドルの気になる治安


隣国ホンジュラスを調べると『世紀末』やら『世界一殺人率が多い』『日本で起きる1年間の事件が1日に起きている』などの記事を目にしますが、最近ではエルサルバドルはそのホンジュラスよりも治安が悪いと言われているらしいです。

ビクビクしながら 最新の注意を払ってエルサルバドルへ来てみましたが、今私たちがいるここトゥンコ。ここはすっごく平和!!

人々はすごく感じがよく、とてもフレンドリーです。
お金のごまかしとかもないです。

ビーチ沿いにある小さなまちだからなのか、観光地化してるからなのか全然危なくないです。夜からはさらに活気が出るので 夜出歩いても全く問題なし。

エルサルバドルのトゥンコは治安はいいといえてしまえるほどの場所でした。


感想


治安が世界一かもと言われてるエルサルバドル。最近の情報はあまりなくドキドキしてましたが私たちが来たところは全く悪くなく治安的にはものすごくいいところでした。

やはりネット情報。他の場所はもっと治安悪いかもなのですが、『全てが悪い』っていうことはありません。人はいい人が多かったですし。

自分で言ってみないと語れませんよね。



トゥンコ自体の感想は、行く予定があるのなら行ってみてもいいと思えますが、わざわざ行くような感じなら別に行かなくてもいい場所って感じです。


行っても長居はしなくてもいいと思います!!



そしてもし行くのなら金土がいいと思います!!
日曜日は前日ほどの盛り上がりはありませんでした。

ちょうど私たちが来たのが土日だったのですが、が土曜日はストリートもビーチ沿いもすごく盛り上がってて楽しかったです!多分だから金曜日も?

土曜日の夜ランタンをあげてる人たちもいてすごく幻想的で綺麗でした!




昼間はあーーーーーつくて暑くてご飯食べにとココナッツジュース飲み行く以外ホテルに閉じこもってました。日陰へ行っても気温は今の時期(8月前半)33度をキープ。なのに風がないのでベトベト シャワー浴びても塩水で常にベトベト。ひどかったですね。。
できることならホテルはエアコンがある部屋を取ることをオススメします。



ビーチ沿いはレストランとビーチの距離が近い上、でかい石がゴロゴロ、波も強い上綺麗ではないので楽しめませんでした。



ただビールなどがお店に行っても安いのは救いでしたね。

それとここは交通の便がいいみたいで、『ホンジュラス』『ニカラグア』へもバスが出てるので移動しやすい場所ではあります!


ってな感じでした!
でわ!