コロンビア~コロンビアコーヒー産地で有名な小さな町サレントへ・サレント前編~

スポンサーリンク

1コロンビアペソ=0.0319円(この時2019年9月7日)

ありー
ありー

こんにちわ、アリーです!!


ついに今回の旅の終盤が見えてきました!!


今回の街も欧米人が多いですがも『何にもないけどいい場所』や『コーヒーに興味あるようなら更に楽しめる場所』と聞いていた場所なので楽しみに来ました!

スポンサーリンク

コロンビア・サレントどんなところ?ざざっと紹介



サレントにはこれといった見所はないのですが、ゆったりとした時間と雰囲気が流れていてゆっくり過ごせるような場所です。


町自体はそんなに大きくないのですが、山々に囲まれていて緑が多く空気が澄んでおり、でも町並みはハルディンなどに似ている感じの可愛らしいおしゃれな町並みが並んでるような場所です。

2つ目のホテルからみたメインストリート。日曜だったため平日よりも人が多い。


レストランや屋台やオープンバー、カフェやお土産やさんたくさんあるのでそういう面では充実しており楽しめると思います。

多くの観光客は欧米人で週末にはコロンビア人も多かったです。


気候はお昼日向はなかなかの日差しで暑く感じることもありますが日陰に入ってしまえば丁度良く、基本朝と夜は肌寒いくらいの気候です。(9月中旬)


治安は小さい町なので全く悪くは感じなく夜出歩いても平気に感じました。
むしろメインストリートや広場は賑やか!!歩いてて楽しくなっちゃいます!!



物価はお店によっては高いとこもあれば良心的なお値段のレストランやジュース屋さんもありました!


場所はどこ?


サレントの行き方


私たちはハルディンという街から向かいました!
前回の記事はそのことについてです。こちら


ちなみに パッと調べた感じだと



『メデジン』直通バス6~7時間ほど、

『ボゴタ』からは『アルメニア』という街を経由しなければいけないらしく所要時間は8時間らしいです。



サレントの次はボゴタへ行く予定なのでその時にまたバス情報など記事あげます!

サレントの宿


今回は2ヶ所泊まりました!

最初の宿は個室で多分最安値で良かったのですが中心街から離れていたので延泊はせず違うところに泊まりました。

ではどんなところか紹介します!

Hostal Palamas de Cocora

お値段

  • 個室
     
    2人1泊 48600ぺそ(約1550円)
     

Check in 15:00 Check out 12:00

[table “30nbspcolumn_widths150px50px” not found /]

個人的おすすめ 星5つ中★★

良かった点


個室では最安値だと思います。

お湯が一応出た。

犬が可愛かった。

悪かった点


中心街から350mって書いてあってそんな離れてないかと思ってましたが、上り坂が意外に急で辛い、遠く感じました。笑 荷物持ってては更に辛かった。

地下のような部屋だったので窓が外から見られやすい位置にあるのでなんか気になる。ハエが盛んに入ってくる。

部屋にゴミ箱がなかった。

The Corner House Hostel

お値段

  • ドミトリー12台

    2人1泊 40000ぺそ(約1275円)
    1人1泊 
    20000ぺそ(約640円)
     
  • その他ドミ10人部屋・個室もありました。
     

Check in 13:00 Check out 11:00

[table “31nbspcolumn_widths150px50px” not found /]

個人的おすすめ 星5つ中★★★★と半分

良かった点


いやーここのお湯は最高でした!!女子トイレ男子トイレ分かれてるのいい!

立地も最高!!

ドミもカーテンがあるのでプライベート感があるのですごく良かったです!

レセプションのお姉さんも英語喋れて良かった!

悪かった点


洗濯をいい加減したかったので洗濯できないのは辛かった。(干しちゃダメと書かれてたのでダメなのかなと)

シャワー浴びる時 物掛ける場所があって欲しかった。ちょっと狭い。

ホテルの入り口がお店の中にあるのでちょっとわかりにくいかも。(2階)

サレントでの観光

コーヒーツアー


ここサレントのコーヒーファームでなんと格安でツアーができる上に一級品のコーヒーが試飲できちゃうという!!

こちらには近々行く予定なので次回の記事にココラバレーとまとめます。

ココラ渓谷(ココラバレー)


ココラ渓谷とは?

全長60mにもなる『ワックスヤシ』と呼ばれる世界一高いヤシの木々がある渓谷



ここは私たちは最初調べていくうちに『5時間のハイキング』をみた時にもう旅力低下してた私たち。笑

『そこまでみたいか?』

と考えたときに

『まあいいか〜』

となってたのでいく気はなかったのですが他の方のブログなどを読んでいくうちに

『なんか意外と面白そうかも、やることないし行ってみるか。ジープで20分、値段も片道4000ぺそ(約120円)で安いし』

でいってみたのですが、これは私たち夫婦2人とも結局行って良かったってなったのでおすすめです。
次回の記事にどう良かったのか、行き方などをまとめますね。

サレントの街を一望はこちら

場所はここ


ここへ行くには地獄の階段を登った先にあるのでちょい辛ですが、せっかくならいってみてもいいと思います。『絶対行ったほうがいい!』とまでは言いませんが。。
(広場を背にしてメインストリートをまっすぐ行けば地獄の階段には着きます笑)


ここからそのままいけるこちらもついでにおすすめ!


サレントの街じゃない反対側も景色も見れちゃいます。

場所ここ

サレントといったら!トルーチャ(鱒)を食べるべき!


サレントでは「トルーチャ」と呼ばれるマスの養殖場が近くにあるようでどこの店に行ってもメニューにも!看板にも! TRUCHAの文字が!!

お安くたべれるので是非試して欲しいです!!


このトルーチャで16000ぺそ(約510円)


中でもオススメはこれ!!



周りでたべてる人が多くてめっちゃ美味しそう!!ってなってそして気づく。

ありー
ありー

ああ!あれのことだったんだ!!
あれたべてみたい!!

(実は上の店で『牛乳とチーズはいるか?』的なこと聞かれて想像できなかったので断ったんです。言葉もよく理解してないし笑
多分あれのことだったんだ!と思って試してみることに。)


頼んで出てきたのはこの物体!!



もうこの時点でテンション上がりました笑



上にのってるのはバナナを伸ばした揚げたもの『パタコン』。



それをめくってみると、、






やばーーーーーーーー!!!



美味しそうすぎる!!!てか美味しかったんです!!



多分作ろうと思えば作れるものなのですがなんてたってこれがこの量で確か16000ぺそ(約510円)。(ここのお店は上の店より安かったです。メイン道路にあるTODO RIKOってとこ。なんだかんだ数日間通っちゃいました!)


この料理名は『TRUCHA AL AJILLO CAYANA』


是非試してみてください。



今回はこんな感じに。次回の記事は観光したところや、個人的におすすめしたいなって場所!記事に載せていきます!


でわ!