チリ~バルパライソからサンペドロアタカマへ、ありえないハプニング発生笑~

スポンサーリンク

1チリペソ=約0.15円(2019年5月19日)



こんにちわありーです!
暖めてたブログ wifiなくて載せられなかったのをじゃんじゃん載っけていってます笑


今回はアタカマ砂漠行きのバスです~‼


当初の予定ではサンティアゴから乗り換えかな~と思ってたのですが なんとバルパライソから出てたんですよー、バスが!!


ありがたやー

ってことでまずバス情報です。

スポンサーリンク

バルパライソからアタカマ バス

Tur Bus

2019年5月17日(金)
時間   朝1:30  
値段   普通の席 43900ペソ  (約6930円)
     良い席 53900ペソ (約8500円)

時間        朝9:31    
値段    普通の席 47300ペソ (約7460円)
     良い席62300ペソ (約9830円)
         


2019年5月18日(土)
時間   18:00~17:55
値段   普通の席 27900ペソ (約4403円)
     良い席 43900ペソ (約6930円)

時間   23:00~
値段     普通の席 27600ペソ (約4350円)
     良い席 43900ペソ (約6930円)

所要時間 全て約24時間

バルパライソからアタカマ行きは 毎日時間とお金が変わるようなのであくまで参考程度にしてください!

そして土曜日が安いらしく 日月はバスが高くなるという情報もありました。

バルパライソからアタカマまではTur Busしかでてないといってました。



いつも通り時間ぴったりの発車。相変わらずちゃんとしてます。

けれどまさかの乗り口でチケットをチェックされなかったです。のってしばらくするとチケットとパスポート両方確認されましたが。
間違えて乗っちゃてたりした人がいたらどうするんだろう。。

そしてあちこちのバスステによりながら人をのせていきます。安い日だったからなのか席は満席。バスチケットは早めにとっておいた方が良さそうです!

バスの設備(サービス)


トイレ(トイレットペーパーなかったです。)
暖房(あるけど冷気もあるので少し寒かったです。)
DVD鑑賞
USB充電

持ってきた方がいいもの


トイレットペーパー
食べ物
飲み物
はおるもの
充電ケーブル


バスからの景色


翌日になり、昼頃バスの乗務員がごみを回収しながら携帯の画面を見せてきました。


バスがダメージしてるから次の町の アントファガスタのバスステで降りて次のバスに乗れだって。

アントファガスタの町



バスステ到着。


私たち以外にちんぷんかんぷんになってる明らかにチリ人じゃないカップルが2組。聞いてみたらやっぱりアタカマ砂漠に向かうみたい。

とりあえずバスの乗務員にどこにいけば良いのか聞いたら下にあるオフィスに行けと。和やかな雰囲気のフランス人カップルとキビキビした40代くらいオランダ人カップルと一緒に下へ向かう。リードをしてるのはキビキビオランダ人カップル。

オフィスに着いて話してると めっちゃ大声あげてる。


「揉めてるねー」


その後ろで旅の話で盛り上がる和やかフランス人カップルとわたしたち。

Google翻訳を使って話を聞いてくれた。

とりあえず次に来るバスは17時半。今は13時半。
それを待つしかない。それか故障したバスが直って返って来るのを待てって。

でもその間バスステからでちゃダメだと。

なぜなら 直ったバスの乗務員がわたしたちを探しに来るからって。いなかったらおいてかれちゃうよって。

(キビキビオランダ人カップルは皮肉たっぷりに伝えてくれてます)




なにそれ‼
4時間缶詰状態笑笑


そして他もバスに乗り換えることもできるけどアタカマ砂漠行きはやっぱりTur busしかないらしい。

キビキビオランダ人カップルいわく

『ここからカラマというところへはpullman busが出てるからそれに乗ってそこからローカルバスでむかえる。お値段は2人で1700円くらい。お金返してほしい場合はTurbusのWebに飛んで今回の件を話して返金してもらえるか聞いてだって。(オフィスの人たちは個人の判断でどうにもできないため)』
『レシートにお金返してほしい場合(キャンセル)は出発4時間前にwebですれば85㌫は帰ってくるって書いてあるわよ笑 何かあるようならオフィスにてってオフィス行ってどうもできなかったじゃない‼笑笑』


結局バスステで待ちました笑


意外と早くに戻ってきたバス。1時間くらいかな。
一緒のバス、一緒の乗務員、わたしたちの席には卵持ちゴキブリ。

どうしてもその場から離れないゴキブリ。2人とも小さいのさえ苦手なので隣の席へ移動しました笑笑

そして7時ごろにアタカマの町に着きました。

感想 今までで一番おすすめできないバス


もしバルパライソから直通でいかなくて良いのなら サンティアゴから違うバス会社を使うことを個人的におすすめします。(サンティアゴから違うバス会社でアタカマ行きが出てるのかはなぞですが。そして他のバス会社の設備もこことちがうのかわからないですが)

理由1 軽食なし


約24時間の道のりなのに軽食も飲み物も一切でない。(たまーにどこかにバスがとまるのでそこで食べ物買ってる人もいましたが。) 

理由2 吐き気のもと


暖房をつけるときに甘い変な臭いを噴射してくるため気持ち悪くなる。(旦那さんはずっと「くさい~」「気持ち悪い~」と永遠にいってました笑) その上道がたがた笑

理由3 設備や配慮不足


トイレットペーパーがないし、一応ブランケットはあったのですが 自分で勝手にとれと言う感じでした。あと小さな事言うのであれば前客のごみが置きっぱなし。

理由4 バスが故障


翌日バスが故障してバスステで待機。1時間程度でバスが戻ってきたからよかったものの最初は4時間待つ予定だったのでその間町をプラプラすることさえ許されなかったのは気持ち的に時間が無駄すぎた。(救いだったのはバスステのwifiが一応あったこと)

理由5 乗務員の態度


待ってる間どのバスかわからず 聞きに行ったときの態度が感じ悪かったです。『あっちで待ってろ!』みたいな対応笑 何でそんな態度とられないといけないわけ?笑笑

理由6 天から舞い降りたごきちゃん


上から小さい卵持ちゴキブリが降ってきた。よく見たら私たちの場所2匹いた。って思うとゾッとする。笑


設備がちゃんとチェックされてない(ペーパー)だったり、他のバスはちゃんとしていてくれたのに配慮がなかった部分、今まですべてのバスには例え数時間でも軽食があったのに今回はなにもなかったのに対して んーって思ってしまいました。

完全防御体制のだんなさん。怖い笑

ランキングはじめました!応援してもらえると嬉しいです^ ^
チリ南米
スポンサーリンク
Gou&Allyをフォローする
TANCOBLOG