チリ〜サンティアゴに到着!魚介食うぞ〜

スポンサーリンク

オーストラリアで乗り継ぎして13時間、ついに南米チリに到着しました!

パタゴニアに移動するまでの3日間サンティアゴにいるのですが都会なので見所というところはなさそうなので、とりあえず『サン・クリストバルの丘』『中央市場』には行こうということで行ってきました。

スポンサーリンク

サン・クリストバルの丘

ホテルから歩いて20分で到着する場所だったので、まずは街が一望できる『サン・クリストバルの丘』に行ってきました。

入り口に着くとロープウェイで上がる徒歩で登っていくか選びます。

最初ここかなと思って階段登って行ったらチリ国立動物園らしく間違えた。。。

隣の緩い坂になっている道を往復1時間半くらいかな?登っていきます。

まぁ変哲もない道を登り切ると眺めが綺麗な丘に出ます!
眺めは良いとして個人的に気になったのがたくさんの人が飲んでいる飲み物、しかもどこのお店でも売られてる。

これは買ってみるしかない!とのことで購入!それがこれ

MOTE CON HUESILLO

その名を『Mote con huesillo(モテコンウエシージョ)』と言います。
どうやら国民的なチリのジュースらしい。
大き杏のようなものが二つ入ってるのですがこれは乾燥した桃らしく、それに下に溜まってるのは小麦です。
味は甘い杏のジュースの中に少しだけ黒糖のような香りがして、小麦と一緒に食べてると不思議とおはぎのような味に感じました。

不味くはないけど美味しくもないかなぁ笑

値段はどのお店も一律でレギュラーサイズ1000チリペソ(160円)大きなサイズ2000チリペソ(330円)です。


休憩もすみ、さらに上まで上がるとようやく大きなマリア像があるエリアに着きました。
結構大きな演説するような円形スペースがあって、チャペルや礼拝堂もあった。
特に何があるよっていうわけではないので写真載せておきます!


中央市場

さぁ自分たち夫婦は魚介大好きなのでウニが安いとの噂の中央市場に行ってまいりました。
サン・クリストバルの丘から徒歩で移動可能だったので20分ほど歩いて移動。

到着すると魚市場の匂いがする!
市場の人やレストランの人がすごい勢いで売り込みにくる


『ウニィ!!!!!アワビィィイ!!!!!!』


日本人であることをいってもないのにやはり客商売の人はすごいなぁ
多分1キロあたりだったと思うけど・・ウニが1500チリペソだったから市場で買うと1キロ250円でした。

市場の真ん中にある繁盛しているレストランに決めてウニを頼む!それに海鮮スープと蟹の爪とビールを頼んで待つこと10分ほど。。。

ついに料理が運ばれてきたのですがその絵面がもう感動ものでした!

まず魚介のスープの具が溢れんばかりに入ってる!それにウニがめっちゃ大量にあるぅ〜!

スープの魚介濃度が半端じゃなく濃い!こんな濃厚な魚介のスープ飲んだことないってくらい、めっちゃ美味しい。

そして待望のウニ!めっちゃ濃厚でこれでもかってくらい入っていて大満足でした。最高!

残念だったのが蟹の爪はあまり美味しくはありませんでした。
パエリアにしておけば良かったなぁ・・っと思いながらも大満足な魚介尽くしで幸せでした。
そしてお値段なのですがまず頼んだのが
・ウニ
・魚介スープ
・蟹の爪
・ビール二杯
これで合計がチップも含めて約35000チリペソでした、日本円にして5700円!
これは十分に安いなと感動しました。

チリは南米の中でも物価が高い方らしいのですが魚介はこれでも高いって考えたら日本はどんだけ高いんだよとなっちゃいますね。


こんな贅沢はもう出来ないかもしれない笑

蟹の爪にウニを乗せる贅沢


もうサンティアゴでやることなくなってしまいましたがチリ感があるもの探しながら少しの間楽しみます。

では!

ランキングはじめました!応援してもらえると嬉しいです^ ^
チリ世界の食べ物南米
スポンサーリンク
Gou&Allyをフォローする
TANCOBLOG